快適さは最低限必要

バス

安さだけを追求しない

日本国内を安く移動するには深夜などにすいすい道路を進んでいくことが可能な、格安バスを利用するといいでしょう。新幹線や飛行機などを利用するのもいいですが、そういったインフラを利用すると意外なほど出費してしまいます。その点格安バスであれば夜間などの道路がすいている時間帯に移動することができ、さらに自分の都合に合ったバスを選ぶ事でかなり安くなるのです。しかし、あまり安さを追求するべきはない状況も確かに存在しているので、短い距離であるならばいざ知らず、長距離移動で安いバスを利用するのはやめましょう。特に格安バスの中でも安いところだとトイレがないことがありますが、この場合は乗り物酔いとトイレのトラブルが生じる可能性が高いです。自分は大丈夫でもほかの乗客が大変なことになる可能性が高いので、一時間から三時間程度なら構いませんが、それ以上の場合はトイレ付きの格安バスにしましょう。他にもカーテンがついていてプライバシーが確保されている、座席を倒して楽な姿勢で寝ることができるなど、様々なサービスが存在しています。そういった快適に過ごせる設備が整っているかどうかもチェックし、安さだけを追求しないように気を付けることも大切です。もちろん出費を抑えることは大切ですが、あまりにもサービスの悪い格安バスを利用すると体を痛めたり病気になったりしてしまう可能性もあります。よほど自分の体に自信がなければ、ある程度の快適さも重視して業者を選んでいくことも考えていきましょう。